アーカイブ

法人カードのメリット

世の中では法人カードを利用することがオススメされる機会が増えてきました。それだけ法人カードにはメリットがあるということなのですね。でも、いくら周りが利用していても具体的にメリットが分かっていなければどれぐらいの価値があるのか見積もるのも難しいと思います。そこで法人カードのメリットがまだ分かっていない方でも理解できるように今回まとめて見ました。これを見れば法人カードのメリットが分かるはずです。

■法人としての支出が把握しやすい
法人カードのメリットとして一つ目に考えられるのはこの支出の把握がしやすくなることでしょう。やはり領収書だけの管理では全体の把握をするために帳簿に転記する必要があるなど一手間加えないと支出の把握が難しいです。しかし法人カードを利用すればデジタルデータとして提供されますので内容の把握が容易となります。毎月の支払い内容が明細としてクレジットカード会社から提供されますので、領収書を整理するよりも先に内容を把握できるのは大きなメリットでしょう。会社の経営において即効性のある手助けは大きな意味を持ちます。
またアメリカンエキスプレスが発行する「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」であれば四半期ごとに支払い内容のまとめを提供してくれるサービスなども用意されています。こういったものも活用すれば経費の削減なども今までよりもずっと楽に検討することが可能になります。

■経費の精算が楽になる
これも上記に繋がる部分ではありますが、法人カードを利用すれば現金精算の回数を減らすことが可能です。会社の経営にあたり経理は何かと煩雑な業務が増えてしまう部門でもあります。
会社で備品を購入したりするのは調達に一元化できていたとしても、交通費の精算など諸々の経費はどうしても現金で精算せざるを得ないという状況に陥っている会社もあるでしょう。そういった場合も法人カードを利用すれば場合によっては全て法人カードに集約できる可能性があります。新幹線や高速道路代というのも法人カードで処理できる時代ですので確認しなければ勿体無いでしょう。

■現金の調節がしやすくなる
そもそも法人は売掛や買掛が発生するので現金の出入りが実際のものの動きと異なることが多々あります。法人カードにおいても売掛や買掛とは異なりますが締め日という考えがあるので支払い日は一定期間先になります。緊急で調達したいものは法人カードを利用することで現金が必要なタイミングを調節出来るようになるメリットもあります。

法人カードの審査

一般的に法人カードは発行が難しいのをご存知でしょうか。その理由として単純であり審査が個人向けのクレジットカードと比べると格段に厳しくなっているからなんですね。理由は多々あるでしょうが法人カードのように事業用資金ともなると高額な決算が続くと思いますので支払い能力の判断が厳しくなるのでしょう。しかしそんなことを気にしていては法人カードを手に入れることが出来ません。ある程度はチャレンジしてみないと分からない部分もあります。
法人カードの審査には会社としての審査と法人カードを所有する個人としての審査があります。一番はじめに法人カードを作成する場合は大抵社長名義の法人カードを作成することになるでしょう。今回はこの二つの観点に分けて法人カードの審査をご説明します。

■法人としての審査
法人カードはその名の通り法人が利用するクレジットカードです。そのためクレジットカードで決算した内容というのはその法人の口座から支払われることになります。そのためまず法人カードの審査においては法人としての支払い能力の有無が確認されます。主に収支の状況はどうなっているのか、会社が設立されてからどれぐらいの期間が経っているのかということが内容としては考えられます。
また今まで以上に厳しく確認されている内容としては実際にその法人が実在しているか、事業を行っているのかということです。最近では様々な犯罪に架空の会社や実態と異なる事業内容の会社が利用されていることもあり、クレジットカード会社も審査においてこの点を重視していると言われています。

■個人としての審査
法人カードと言えども利用することが出来るのはクレジットカードに記名されている人のみです。時々会社の名前しか入っていないと考えている方が居るようですが、法人カードは会社が支払うというだけでクレジットカード自体には個人の名前が入ります。ここは意外と知られていない部分でもありますのでこの機会に抑えておいてください。
個人の名前が入るということはもちろん個人での審査も発生します。この審査には法人カードであっても個人の信用情報が利用されているんですね。個人の信用情報レベルの審査となる個人でクレジットカードを発行するために受ける審査と変わりありません。法人カードの種類によってはステータス性の観点などから個人の信用情報を重視している場合もあります。審査に落ちたようなときはこの個人への審査に関しても着目してみる必要があるでしょう。

法人カードとETCカード

最近はETCの車載器もかなり安くなってきたこともあり高速道路利用時にはETCを利用しているという方も多くなってきたことでしょう。このETCを利用するときに必要となるのがETCカードでありこれを手に入れるためにはクレジットカードが必要です。逆にクレジットカードを選ぶときにETCカードが利用できるのかどうかを重視している方も多いのではないでしょうか。
法人カードについても同様のことが言えてETCカードが利用できる法人カードと利用できない法人カードが存在しています。また利用できる法人カードの中にも発行が無料のものと発行に手数料が必要となるものがさらに存在しています。正確にはETCカードだけではなく総合的な費用で計算する必要がありますが一旦ここでは割愛します。

ETCカードを利用すれば会社としてお得なことが多々あります。まず分かりやすいところから考えてみると高速道路を利用した際の経費精算が不要となります。会社の経営において工数がどうしても必要となってしまうのが経費精算を含めた経理の部分です。特に営業を車で済ませるような会社であれば、交通費の精算というのは非常に手間となるでしょう。しかしながら法人カードと共にETCカードを導入すればこの手間が一気に無くなります。経費精算のために必要とされていた人件費を考えるとETCカードに発行手数料が掛かってでも導入したい気持ちもよくわかります。
もう1つ分かりやすいものはETCを利用すれば高速道路の割り引きが受けられるということです。一回あたりは小さな額でも会社として高速道路を多用するのであれば全社的には大きな差が出てもおかしくありません。経費を削減するためにはこういった割り引きなども利用して地道に出費を抑えることが大切となります。そういった意味でもETCカードを利用できるのであれば利用したい企業があるのでしょう。

法人カードでETCカードを発行したいのであればおすすめするのがライフカード(法人用)です。こちらはポイント還元率が無いのですがその代わり年会費が無料の数少ない法人カードとなっています。それに加えてETCカードの発行も枚数無制限で手数料も無料なのですね。ポイントが貯まらないのは残念ですがとにかく経費精算などを簡略化したいと考えるのであればこちらがおすすめです。
また、JCB法人カードなどもETCカードの発行が無料で無制限となっています。こちらは年会費が1250円+税ですがポイントが貯まりますので利用金額が多いのであればこちらをおすすめします。

限度額も意識して法人カードを選ぶ

あまり気にしていないかもしれませんが法人カードでは限度額が非常に重要となります。限度額の考え方について簡単におさらいしておくと、未払いの金額がいくらまで残っても大丈夫化どうかということを表しています。時折一ヶ月の上限といった考えを持っている方も居ますがそういう訳ではないのでここでおさらいしておきましょう。
これを踏まえて法人カードではなぜ限度額が重要になるのかというと理由は二つあります。
理由の一つ目は法人カードは支払までの期間が長いものがあるということです。短期間でクレジットカードとしての支払いを終えることが出来ればいいですが、法人カードの中には約2ヶ月先に支払い日が来るものもあります。つまり2ヶ月間は限度額に向かって使用した分だけ金額が増えていくしか無いのですね。簡単に考えると2ヶ月分の利用総額よりも限度額が大きくないと会社の経営をしていく中で法人カードが利用できない場面というのが生まれてしまうことになります。これは非常に不便なことですので支払いスパンを踏まえて余裕を持った限度額に設定してもらう必要があります。

二つ目の理由は法人カードはクレジットカード1枚1枚に限度額が設定されるのではなく全体で限度額が管理されるのが基本だからです。コーポレートカードと呼ばれる大企業の法人カードは別ですが、一般的に中小企業などで利用される法人カードはメインカードと従業員カードの全てを合わせた金額で限度額が設定されています。そのため従業員カードを複数枚発行できるような法人カードのときは魅力的ではありますが、全員が利用しても問題ないぐらいの限度額を設定してもらう必要があるのですね。この考え方は個人のクレジットカードで言えば家族カードをイメージしてもらうと分かりやすいのでは無いかと思います。

さて法人カードではどの程度限度額が重要であるのかが理解してもらえたのでは無いかと思います。それでは十分に限度額を設定してもらうためにはどうすれば良いのでしょうか。基本的に法人カードの発行時には限度額が100万円程度に設定される事が多いです。これは新しい企業であればあるほど小さな金額になりやすいですね。理由としては単純でまだどれぐらい儲かるかが見えていないからなんです。逆に数年間連続して黒字が出ているなど安定した収益がある企業であれば200-300万円の限度額が設定されることもあります。会社の規模にもよりますが300万もあれば大きな出費を法人カードで支払っても十分に耐えうるはずです。

安定したサービスに注目したいJCB 法人カード(一般)

法人系クレジットカードとして最も有名なものはJCB 法人カード(一般)といっても過言ではありません。天下のJCBの法人カードなのです。使いやすさも抜群とされており、実際に利用している人も少なくありません。

今回はそんなJCB 法人カード(一般)の特徴に迫ります。一体どのような特徴を持っているクレジットカードなのでしょうか。しっかりとその実力に迫りましょう。

JCB 法人カード(一般)ですが、インターネット空港チケットの予約サービスが利用できます。そのサービス名ですが「JCB de JALONLINE」といいます。世界を相手にビジネスしている、という方も多いのではありませんか。そんな方にとって、とても心強いサービスを実施しているわけです。

JCB 法人カード(一般)はポイントの使いみちも選択できます。JCB 法人カード(一般)ですが、ポイント型とキャッシュバック型の二つからどちらを利用するかを選択できるシステムとなっているのです。ポイント型に関しては、ポイントを貯めて何かしらの商品などと交換できます。一方でキャッシュバック型に関してはポイントを交換するのではなく、キャッシュバックに利用できる、といった特徴になっているわけです。
あなたがどちらを利用したいかを決められるメリットがあるカードでもあるのです。