アーカイブ

法人向けクレジットカードの審査

クレジットカードを発行するにあたり注目するポイントの一つに審査があるでしょう。審査に通過しなければクレジットカードを手に入れることは出来ませんし、法人向けのクレジットカードにおいても自社のレベルにあったものを利用する必要があります。個人で利用するクレジットカードには審査の厳しい・甘いという差があるように言われていますが法人向けの場合はどうなのでしょうか。

■審査が厳しいものが多い
結論から言うと法人向けのクレジットカードのほうが審査が厳しいものが多いです。これは法人は個人で利用するよりも大きな金額を利用する可能性があったり、会社の実態をクレジットカード会社が簡単に把握することが出来ないなどの様々な要因が絡んでいます。
最近は報道の回数も減ってきましたが架空の企業などを作って法人向けのクレジットカードを作成し、何か知らの犯罪に利用されるようなことも少なからずあったようです。こういった事件が減っているのも審査がそれだけ厳しくなり実態がうかがわしいような会社にはクレジットカードが発行されなくなったという背景があるからなのでしょう。

■審査完了までの期間が長い
個人向けのクレジットカードといえば、即日発行・即日審査などの言葉でスピード感があることをアピールしている企業も多いことかと思います。法人向けのクレジットカードにおいては残念ながらこういったスピード発行に対応しているものはありません。対応していないというよりかは、手続きの都合上どうしてもスピード発行には対応できないと表現したほうが正しいでしょう。
法人向けのクレジットカードであれば個人で発行するクレジットカードのような簡単な手続きで完了させることが出来ません。審査においても個人では利用しない会社だからこそのものを用意する必要がありますし、Webで完結出来るようなものではなく郵送での手続きが必要となります。こういった理由から審査が完了するまでの期間がどうしても長くなってしまいます。

■審査基準がクレジットカード会社によって大きく異る
法人向けのクレジットカードを選ぶときにここも重要となります。法人向けのクレジットカードの審査基準の例として会社設立からの期間というのもがあります。一般的には3年以上継続していれば発行の対象となるのですが、逆に1年未満でも審査に通過するようなことろもあります。既に3年以上経過していれば気にすることないですが、経過していない場合にはこういった審査基準も調査して比較する必要があります。

一発で法人カードを手に入れるために

一般的には短期間で何度もクレジットカードの審査を受けるのはよくないと言われています。特に審査が厳しい法人向けのクレジットカードは一回審査に落ちるとクレジットヒストリーの関係から連続して審査に落ちてしまう可能性もあります。これは非常に望ましくない状況ですので、なるべく一発で審査に通るように準備する必要があります。それではどういったことに気をつけて準備すれば良いのでしょうか。

■審査条件を事前に確認しておく
公式に公表されていることはありませんが、インターネットなどを利用して法人向けのクレジットカードの審査に関する情報を集めることは出来るでしょう。注目しておいたいポイントは2つあり、一つ目は設立からの期間を重視するのか、二つ目は固定電話の有無を重視するかです。
設立からの期間が既に3年以上となっている企業はこの点を考慮する必要は無いと考えられますが、設立から3年未満の場合は注意が必要です。一般的に法人向けのクレジットカードは設立3年目から発行されるとなっていますので、それより短い期間で申し込むのであればそれなりに申し込むクレジットカードを選ぶ必要が出てきます。
固定電話についてはベンチャー企業などで設置していないこともあると思います。ただ法人向けのクレジットカードの審査において固定電話の有無を重視している会社もあります。これも事前に確認しておいて条件を満たしていないのであれば固定電話を設置するか申し込むクレジットカードを変更しましょう。

■キャッシュフローに余裕があるか
クレジットカード会社は正直言うと会社が赤字か黒字かということはそこまで気にしていません。これは理由があり、法人税を抑えるために何かしらの投資をしたり減価償却を発生させて一時的に赤字を発生させているようなことがあるからです。この事実はクレジットカード会社の審査担当者もプロですので報告書などを見ると簡単に分かる内容です。
大切なことは毎月定期的に支払いが出来るだけのキャッシュフローが用意されているかということです。仮にお金が無限にあればどんなに赤字であったとしもてクレジットカード会社は毎月お金を受け取ることが出来ますよね。そのため会社の資産なども含めてどれぐらい支払い能力があるのかということが審査では重要となります。
また審査に通った場合に限度額の大きい法人向けのクレジットカードを手に入れるためにもキャッシュフローや決算内容は重要です。限度額を増やすために再度審査を受けるのもクレジットヒストリーに残りますのでなるべく一発で目当ての額まで発行されたいですね。

法人カード審査落ちの原因を探る

法人向けのクレジットカードは個人で利用するものに比べて審査落ちしやすいことをご存知ですか。それだけ法人向けのものになると厳格な審査が行われているというわけですね。審査に落ちるということは何となくではなく、クレジットカード会社毎に定められた条件を満たしていないということに他なりません。厳密な基準は公開されていませんが一般的に気をつけたいことをご紹介します。

■設立からの期間
一昔前は法人向けのクレジットカードを手に入れるには設立から3年以上経っていることが条件とされていました。今ではこれを明確にしていないクレジットカード会社もありますがJCBが発行する法人向けクレジットカードでは今でもこの条件が踏襲されています。
逆に近年法人向けクレジットカードの発行に乗り出したクレジットカード会社はここまで期間にこだわっていないようです。概ね半年程度の実績があれば審査の対象となっていることが確認されています。またアメリカン・エキスプレスブランドの法人向けクレジットカードなどはあまり設立からの期間を重視していません。もし設立からの期間が原因で審査に落ちたと思われるのであれば、設立3年未満でも審査に通りやすい外資の法人向けクレジットカードに申し込んでみるなどしてみましょう。

■会社の実態が分かりにくい
クレジットカード会社が法人向けクレジットカードを発行する時に心配することがあります。それは申し込み内容が架空の会社ではないかということですね。クレジットカード会社は不正な利用に対して常に目を光らせています。そのため会社の実態が分かりにくいような場合は審査に通らないことがあります。
会社の実態を示す方法としてはいくつかあるのですが、一つが固定電話を用意することです。携帯電話だけで事業を進めている会社もあるとは思いますが、申し込み時に携帯電話番号で審査を受けると落ちやすいという話もよく耳にします。なるべく固定電話を利用した方が安心感が高まるでしょう。この他の方法としては客観的に事業内容が明確になるものを用意しておくという方法もあります。例えばWebサイトが用意されておらず会社がどのような事業を進めているのか分かりにくい時も審査に落ちることがあるようです。Webサイトを用意出来ない場合は会社のパンフレットなどを作成しておくのも良いでしょう。審査落ちの不安がある場合にはパンフレットを申込用紙などと一緒に送付することで客観的な判断がしやすくなります。

オリコエグゼクティブゴールド フォービズが人気の秘密

オリコエグゼクティブゴールド フォービズは法人カード系クレジットカードとしてあまり有名ではないかもしれません。しかし、実際に多くの方が利用しているクレジットカードでもあり、高機能となっているのです。

今回は、オリコエグゼクティブゴールド フォービズにはどのような特徴があるのかを明らかにしていきます。より高機能な法人カードを利用したい、と考えている人は必見です。

・オリコエグゼクティブゴールド フォービズで注目すべきところとは?

ゴールドカードなのに年会費が低めに設定されています。法人カードのゴールドカードというと、年会費が高いイメージがあるのではありませんか。実際に、そういったカードは数多くあります。しかし、オリコエグゼクティブゴールド フォービズに関しては年会費が低めに設定されており、継続して利用しやすいのです。
気になる年会費ですが、2,000円の設定となっています。しかも、初年度年会費は無料です。

追加カードの発行もできます、追加カードの年会費は無料の設定になっています。ですから、追加カードを発行しなければ損、ということも言えるのではありませんか?

ETCカードの発行可能です。ETCカードの年会費も無料の設定となっているのです。

三井住友ビジネスカードも人気の高いカードだった

大人気の法人カード系クレジットカードとなっているのが三井住友ビジネスカードです。三井住友カードと言えば、国内屈指の発行枚数を誇ります。その法人カードなので、期待している、という方も多いのではありませんか。なるべく大手のカードを利用したい、という方も多いでしょう。大手のカードということは安心感も大きくなるわけです。ビジネスでも使うことになる法人過度なので、安心感は重要です。

今回は法人カード系クレジットカードとして人気の高い三井住友ビジネスカードの中身に迫ります。果たしてどのような特徴のあるクレジットカードなのでしょうか。

・三井住友ビジネスカードの人気の秘密を調べてみた

年会費が低く設定されている、という部分に注目しなければなりません。年会費ですが、1,250円の設定となっているのです。初年度から年会費がかかってきてしまいますが、1,250円というのは非常に低額なので、継続して利用して行きやすいカード、といった評価がくだせます。

追加カードの年会費も気になるのではありませんか。追加カードの年会費ですが400円の設定となっています。追加カードの年会費も低いのでその点は大きな魅力と言っても間違いではありません。

ETCカードの発行も可能です。ちなみに年会費に関しては2年目以降500円かかりますが、年1回以上の利用で無料設定になるので、実質的に支払う必要はありません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードも人気が高い!

せっかく法人カード系クレジットカードを利用するのであれば、ちょっとグレードが高いものを利用したい、といった気持ちもあるのではありませんか?そんな方におすすめしたい法人カードが「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」です。果たしてどのような特徴があるのでしょうか。人気に秘密に迫ってみようと思います。少しでも質の高いクレジットカードを利用したい、と思っている方は必見です。

・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの人気の秘密とは?

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはグレードの高いクレジットカードでもあるので、年会費は比較的高く設定されています。初年度年会費から31,000円がかかってきてしまうのです。高額に感じてしまうかもしれませんが、それだけの年会費を支払ってもおかしくないほどのサービス内容となっています。

ショッピング限度額が気になると思いますが、実は一律の制限がありません。前もっていくらまで、ということは決めていないのです、個別に設定されるので、あなたの評価さえ高ければ、高額のショッピング限度額が付くようなことも考えられるわけです。

様々な情報が無料で得られる、といったメリットもあります。入札・落札公告情報や企業情報、さらに新聞・雑誌記事や帝国データバンクなどの情報が無料で得られるのです。