アーカイブ

まずは法人向けクレジットカードを理解

クレジットカードについては皆さんご存知だとは思いますが、法人向けのクレジットカードについては理解が浅い方も多いのではないでしょうか。そこで今回はそもそも法人向けのクレジットカードとはいったいどのようなものであるのかをご紹介したいと思います。法人向けのクレジットカードにはいくつか種類があるのですが、一般的に法人向けのクレジットカードといえば法人カードのことを指しています。中には大企業向けのコーポレートカードを指していることもありますが、こちらは少し仕様が違いますのでここでは割愛して法人カードについてご紹介します。

法人カードとはその名の通り法人に対して発行されるクレジットカードです。皆さんが日頃使っているクレジットカードは個人に向けて発行されているものですので発行の対象が異なっているということになります。クレジットカードですので、券面に記される名前は個人名になっているのですが、っ法人に対して発行されているとはどういう意味なのでしょうか。
これは法人カードでは券面にこそその法人に属している人間の名前が記載されていますが、支払いが法人口座になるということです。これは個人で利用するようなクレジットカードでは考えられないことです。個人でクレジットカードを利用するのであれば自分名義の口座から支払う必要があります。それに対して法人カードであれば自分名義ではなく会社名義の口座からまとめて支払いが行われます。この差が法人カードを利用するにあたり必ず知っておきべき差であるでしょう。

勘違いが無いように再度ご紹介ておくと、法人カードでは個人名と会社名が両方記載されています。時々法人カードだから会社名だけが記載されていて、法人口座から引き落としが発生すると考えている方が居るのですが個人名も記載されています。だからこそ支払い口座との差が発生していることを覚えておいてもらいたいわけです。

法人カードは審査としてもちろん会社が対象となるのですが、それに合わせて法人カードを利用する個人の情報も審査されています。これに関して詳しくは別途ご説明していますが法人だけの審査で誰でも法人カードを利用できるわけではないというのも知っておいて損はないことでしょう。
また社員などに持たせるために複数枚発行が可能な法人カードも存在しています。これらの法人カードは便利なことは間違いないのですが限度額の取り扱いが個人とは異なっています。個人で利用するものと微妙に差がありますのでそれぞれについて理解しておく必要がありますね。

なぜ法人カードを使うのか

近年は会社の支払いに法人向けのクレジットカードを利用することがトレンドとなっています。審査が厳しいと言われている法人向けのクレジットカードの利用がなぜここまで普及してきたのでしょうか。
法人向けのクレジットカードを利用する理由として一般に考えられていることは3つあります。法人カード普及の裏側を調べてみましょう。

■理由1 経費などの処理が楽になる
法人カードなどが普及してきた一番の理由はここであると考えられています。通常会社の経費の処理といえば経理が妥当性を評価しながら時間をかけて進めるものです。会社のお金を取り扱う経理部門は正しい支払いが出来なければ会社としての信用に関わる可能性もありますし負担が大きい部門なのですね。しかも経理は毎月の支払いだけではなく年度末の処理なども対応しており常に負荷の大きい部門です。
負荷の大きくなる理由として取引先がどうしても多くなってしまうというのが考えられます。調達するものによって取引先が異なることで、経理はそれらそれぞれに支払い処理をしなければならないのですね。ただこの問題を法人カードを利用すれば解決することが出来るのです。法人カードを利用して決算をすれば支払い先はクレジットカード会社に集約されます。そのため経理は支払い先を減らすことが出来るのですね。

■理由2 キャッシュフローが良くなる
これはクレジットカード特有の考え方ですが、法人カードの場合であっても利用から支払いまでの間に期間が発生します。
会社が安定していればそこまで支払いまでの期間は気にならないかもしれませんが、会社が設立されてすぐなどには支払いまでの期間が重要となります。支払いが先延ばし出来るという考え方は良くないかもしれませんが、会社設立時はなるべく会社に現金を残しておくことが大切となります。キャッシュフローの考え方からすると法人カードを利用して支払いのタイミングを調節できるというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

■理由3 付帯サービスか会社のために使える
クレジットカードの付帯サービスを皆さんは少なからず利用しているはずです。例えばポイントの還元サービスが分かりやすいのではないでしょうか。こういった付帯サービスは法人カードであっても用意されているのですね。
ポイントについては法人カードでは付帯されていないものもあるのですが、全体的に様々な特典が用意されています。傷害保険が付帯されているものもありますし、法人カードらしく会社の経営をサポートしてくれるものもあります。法人カードで公費の支払いを明確にしよう

法人カードのメリットまとめ

最近さらに人気の高まっている法人カードですがどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。クレジットカードを利用するにあたりここは必ず確認しておきたい事項ですよね。そこでまずは法人カードのメリットについてここではまとめています。

■経理が楽になる
法人カードを利用されている方が口を揃えて言うことと言えば、法人カードを利用するようになってから経理業務が楽になったということです。通常会社での経理といえば多数の取り引きとのやり取りが発生してしまいます。これはやむを得ないことなのですが、これによってどうしても経理業務は煩雑になってしまうのですね。経理業務が煩雑になる原因は取り引きが多いということに起因することも多いです。逆に言えば取り引き先が減ればある程度は軽減されるわけです。
そこで活躍してくれるのが法人カードです。法人カードはクレジットカードですので今や多くの買い物や支払いに利用することが出来ますね。そのため会社で調達をしたり何かしら支払いをする時になるべく法人カードを利用するようにします。すると今まではそれぞれの会社に支払っていた内容が法人カードの請求として一括で請求されることになります。つまり支払い先を減らすことが出来るわけです。これによって今まで煩雑であった業務もかなり簡略化することが出来るのです。

■経費の精算も楽になる
これも経費の精算に繋がる部分ですが社員にも法人カードを利用することでメリットがあります。会社によってはちょっとした調達は社員が担当したり、出張費が発生するときには社員が建て替えて精算しているということがあるでしょう。このような建て替えてが発生すると社員は支出の内容を申請する必要がありますし、経理部門は申請内容が正しいものかを確認する必要があります。つまり経費の精算においては経理以外にも時間が取られてしまうわけです。
しかしながら法人カードを社員にも利用させればこの手間が非常に軽いものとなります。法人カードで支払いを済ませれば今まで対応していた現金建て替えの部分が無くなります。つまり経理が個人に支払う手間が無くなるのです。また利用者もクレジットカード利用控えと領収書などを会社に提出すれば監査の面でも問題なくなりますので手軽です。

この他にも法人カードを利用することによってクレジットカードとしてのメリットが受けられます。例えばポイントが貯まるといったこともありますし、支払いが先延ばしにできる・一部の法人カードでは分割払いが出来るということもあります。

法人カードのデメリットまとめ

基本的には法人カードにはやむを得ないこと以外であまりデメリットは無いのですが、一部デメリットと感じる部分はあります。これも法人向けのクレジットカードということを踏まえると仕方ないこともあるのですが、ここではまとめています。

■法人カードは基本1回払い
最近はこのデメリットも少なくなってきたのですが、基本的には法人向けのクレジットカードは分割払いなどには対応しておらず1回払いが基本となっています。特にプロパーカードなどの呼ばれる一部のステータス性の高いクレジットカードでは1回払いが基本となっていますね。
ただ、これも一昔前のデメリットであり今では入会する法人向けのクレジットカードを限定しないのであれば分割払いに対応しているものが存在しています。複数の支払い方法に対応している法人向けのクレジットカードとしておすすめなのが「EX Gold for Biz M iD×QUICPay」といった法人カードや「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。どちらのクレジットカードも個人で利用する時にもメリットが多いものとなっており、法人向けのクレジットカードとなってもデメリットを軽減してくれる優秀なものとなっています。

■年会費無料が少ない
個人でクレジットカードを利用するとなれば大半のクレジットカードは年会費無料だと思います。これは世の中の相場として年会費が無料でないと他社に勝てないというのが裏側には隠れています。しかしながら法人向けのクレジットカードであればそこまで顧客の取り合いが発生していません。今のところは年会費無料で無いと戦えないということが少ないのですね。
そのため法人向けのクレジットカードは年会費が掛かるのが普通となっています。個人で利用するものを考えるとここはデメリットであると考える人も居るでしょう。ただ、法人向けのクレジットカードに年会費が必要であるのはそれだけサービスを提供してくれているからというのも事実です。基本的に法人向けのクレジットカードに限らずクレジットカードの年会費はサービスの質や量を表していると言っても過言ではありません。法人専用のサービスを提供してくれているからこそ少し年会費が必要であると考え、デメリットとは捉えないのが本当は良いのかもしれません。

法人向けのクレジットカードには際立ったデメリットは無いと思われます。審査が複雑などの手間はありますが、これは法人としてクレジットカードを発行するのですから仕方ないですね。

JCB法人カードが人気の理由

人気の法人カード系クレジットカードとして見逃せない存在となっているのが、JCB法人カードです。法人カードの決定版と言っても良いかもしれません。では、JCB法人カードにはどのような特徴があるのでしょうか、人気となっている秘密に迫ります。

・JCB法人カードの人気の秘密とは?

年会費が低い、というものがあります。
JCB法人カードの年会費ですが、初年度年会費は無料の設定となっています2年目以降に関しては、1,250円となっているわけです。非常に低額の年会費となっているので、その点は大きなメリットと言っても良いでしょう。
とりあえず法人カードを持っておきたい、という方の希望にも沿っているカードなのです。

ETCカードが発行してもらえる、という部分にも注目しなければなりません。ビジネスで自動車を利用する、ということを考えている方も多いのではありませんか。そんな時に役立ってくれるのがETCカードです。ETC割り引きが適用されることになれば、かなりお得にもなるわけです。

一方で、デメリットもあります。たとえばポイント還元率が0.5%の設定になっている、という部分です。ポイント還元率が高いわけではないので、その点は大きなマイナス、といっても良いでしょう。ポイント還元率がなるべく高いものを利用したい、という方には適していないカードなのです。