アーカイブ

法人カードのデメリットは!?

利用のメリットが全面的にアピールされている法人カードですが逆にデメリットと呼べるものは無いのでしょうか。法人カードを利用するにあたりデメリットがあるのならばそこも知っておきたいですよね。もしデメリットがあったからといって利用しないかと言われるとそうでは無いと思いますが、気になる部分だと思いますのでデメリットについても調査してみました。

■一括払いのみしか利用できない法人カードがある

クレジットカードの利点といえば支払い方法をある程度柔軟に変更できるという部分ではないでしょうか。急な出費が必要となったときには分割払いが利用できることが大半ですし、場合によってはボーナス一括払いなどの支払時期を先延ばしにしたものも利用できると思います。ただ、実はこの支払い方法というのは個人のクレジットカードならではのものだったんですね。

法人カードは基本的には支払いまでの期間が長めに設定されている代わりに一回払いしか用意されていないことが多くなっています。会社としての支払いですので分割などではなく所定の日付に一括で支払いを済ませることが求められているのですね。

ただ、一括で法人カードの支払いをするという常識は徐々に過去の話となりつつもあります。最近では法人カードであっても分割払いに対応しているものやリボ払いにすら対応しているものが用意されるようになってきました。こういった柔軟な支払いに対応している法人向けのクレジットカードとしては「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス」といったクレジットカードが用意されています。柔軟な支払いに対応しているクレジットカードは銀行系ではないものが多いです。一部銀行系でも2回払いには対応しているものも増えてきましたので法人カードを取り巻く環境は少しずつ変わってきたと思います。

それでもまだ一括払いしか対応していない法人カードも存在しています。会社のキャッシュフローとのバランスを考えて法人カードを選ばなければここがデメリットとなることもありそうです。

■年会費が必要

大半の法人カードは年会費が必要です。数枚であればそこまで会社の経営を圧迫しないかもしれないですが、従業員が多くなってくるとこの年会費の金額がデメリットとなってしまうことも出てきそうです。ただ宴会費が発生しても経費精算などに必要な工数を踏まえると総合的にはお得となることが大半です。法人カードをどういった用途で利用するかを考えればデメリットとなることは少なくすることもできるはずです。

法人カードを利用するメリットはどこ?

法人カードを利用することで一般的には様々なメリットがあるといわれています。特にクレジットカードといえばお金に関わる部分に利用するものですので、何かしらメリットがあると嬉しいですよね。でも、この法人カードのメリットは具体的にはまだ知られていなかったり、法人カードを持っているのに活用しきれていない方も多いように感じます。そこで法人カードのメリットを改めてまとめています。

■経費の精算処理が簡略化される

法人向けのクレジットカードを利用する最大のメリットはこれでしょう。何と言っても複雑な経理が簡略化されるというのが一番のメリットです。会社を経営していく上で経費処理に関する作業というのは切っても切れない作業でしょう。しかも会社のお金に関する処理というのは法律などの面でもかなり厳しく管理していく必要があります。そのため工数が非常にかさんでしまう部分なのですね。

経費精算には備品の購入といったものだけではなく交通費の精算も含まれています。こちらの法人カードを利用することによって大きく精算処理を簡略化出来る部分ですね。例えば車での移動に関しては法人カードとETCカードを連携させることが出来るようになっています。現在発行されている法人カードの大半はETCカードの発行に対応していますのでこちらを利用すれば良いでしょう。また新幹線の精算についても東海道新幹線などが法人カードと予約システムの連携などを提供していますのでインターネットから新幹線を予約して法人カードにて決算するようなクレジットカードらしいサービスを提供していたりもします。

■付帯サービスを利用する

法人カードの種類にこれは左右されるのですがものによっては大きな付帯サービスが用意されているものがあります。個人向けのクレジットカードと同様に法人カードにもグレードがありますので、一般カードよりはゴールドカード、ゴールドカードよりはプラチナカードというように付帯サービスの質が上がるようになっています。法人カードは何か特別なものと考えている方もいるかもしれませんが付帯サービスの考え方については個人向けのクレジットカードとそこまで大きな差は無いと考えられます。

また法人カードに付帯されているサービスは個人向けのクレジットカードとはまた異なったものが用意されていることもあります。具体的な例としては四半期ごとにどのような支払いに法人カードを利用したのか集計してくれたり、弁護士などに会社運営の質問が出来るようなサービスがあるのです。

法人カードの特徴とは

個人向けのクレジットカードとは異なり法人カードを利用するとどのような違いがあるのか理解していますか。個人向けのクレジットカードにも法人カードにもそれぞれに利用用途に沿った特徴があるのですね。この特徴を理解していればなんとなく利用している法人カードもさらに便利に利用できるようになりますし、これから法人カードを発行したいという方もぴったりのものを選ぶことが出来るはずです。年々法人カードは増えてきていますので特徴を抑えて利用しやすいものを利用しましょう。

■法人カードは事業用決算が可能

知られていない事実かもしれませんが個人向けのものと法人向けのクレジットカードの違いというのは事業用の決算が出来るかどうかということです。個人向けのクレジットカードでは事業用の決算が厳密には禁止されているのですね。個人として利用するものに対して支払いを代行するのが個人で利用するクレジットカードの役割となっています。ただ個人としての利用と事業としての利用をクレジットカード会社が判別することは難しくなっています。基本的に疑わきは罰せずがクレジットカードの姿勢ですのでよほど事業性があると認識されない限りは禁止事項と認定されることは無いでしょう。

クレジットカード会社にバレないと言えども利用規約に違反してクレジットカードを利用することは望ましいことではありません。事業用として利用するのであれば事業用利用可能な法人カードを利用するようにしていきましょう。

■支払いまで期間が長め

これは法人カードの種類によるのですが法人カードの中には支払いが2ヶ月後に設定されているものも多くあります。個人向けのクレジットカードであれば1ヶ月後に支払うというのが基本的ですので法人カードのほうが長めに設定されているのが特徴です。これは法人としては売掛や買掛のお金の移動が61日単位でやり取りされることが多いということを踏襲していると思われます。

ただ、法人カードの支払時期に関してはクレジットカードによって大きく差があります。月末締めのクレジットカードも多いですがものによっては月の中間で締め日がくるものもありますし、ここは特徴が出やすい部分ですので利用しやすいものを選択しましょう。

■年会費有料が基本

ここも個人の区クレジットカードと異なる部分であり大半の法人カードは年会費が有料です。安いものであれば1000円程度ですが無料のものはほとんどありません。社員数が多くなると維持費が高くなってしまいますのでここは注意すべき特徴です。

法人カード所有の注意点

法人向けであってもクレジットカードの一種ですので利用に関して注意すべき点はあります。これは個人で利用する時でも似たようなことが言えるのですが法人カードについても必ず注意点は理解しておきましょう。

■限度額が会社共通であることを意識する
これを忘れてしまうと肝心な時にクレジットカードが利用できないということになりかねません。法人カードは基本的に何枚発行されていてもそれら全てで一つの限度額を共有しています。つまり誰かが高額な利用をしてしまうとその支払いが完了するまで他の方は法人カードが利用出来ないということが発生するわけです。
この考え方は個人向けのクレジットカードであれば家族カードを利用して限度額を共有する場合に似ていますのでイメージはしやすいのではないでしょうか。法人カードは会社の法人口座から支払いがされる訳ですし共通の限度額でまとめて支払われるということに注意しておきましょう。会社として大きい支払いが続くような場合には誰が、いつ、どの程度利用するのかを管理することも大切です。
またこれに関連した話としては限度額が共有され支払いも法人口座に統一されていることでポイントなども一つに集約されます。

■利用時は個人名でサイン
これも間違われやすいのですが法人カード利用時は会社の名前をサインするわけではありません会社の名前でサインしてしまっては誰が利用したのか分からなくなってしまいます。必ずクレジットカードの券面に記載されている名前でサインしましょう。
また個人名でサインするということは券面に記載されていない方はその法人カードを利用出来ないということです。法人カードであるから会社で共有出来るという認識は間違いなのですね。クレジットカードの券面に記載されている方だけが利用できますし、利用時には必ず個人名を記載するようにしてください。

■年会費が必要
法人カードは基本的には年会費が必要なクレジットカードです。そのため枚数を多く発行してもらう場合には相当な年会費の金額になる可能性があります。法人カードによっては追加カードや従業員カードは年会費が無料であったり割引となってはいますが全て法人カードがそうではありません。
法人カードは発行したい人数によってどれを利用するとお得になりやすいのかというのがある程度決まっています。5人数以下の小さな会社であればオリコEXゴールドforBizのような追加カードが3枚まで無料の法人カードを利用してみると良いでしょう。10人を超えてくるような場合は追加カードが400円の三井住友ビジネスカードなどがおすすめです。

おすすめ法人カードの楽天ビジネスカード

法人系クレジットカ度にも楽天カードが存在していることは知っているでしょうか。いま最も人気の高いクレジットカードとして知られ得ているのが楽天カードです。楽天スーパーポイントが貯まって、しかもポイント還元率が最低でも1.0%以上ということで話題になっています。楽天系のサービスを利用する機会が多い、という方には欠かせないクレジットカードなのです。

今回はそんな楽天カードの法人カードである楽天ビジネスカードについて詳しくお話します。どんな特徴を持っているカードなのでしょうか。

楽天ビジネスカードで把握しておきたいのが、楽天プレミアムカードの追加カードとして発行される、というものです。楽天ビジネスカードは単体では発行できません。楽天プレミアムカードを持ってこそ利用できるようになるわけです。ちなみに楽天プレミアムカードのすべての付帯サービスが利用できるので安心してください。
たとえば、プライオリティパスというものがあります。世界各国の空港ラウンジが利用できるのがプライオリティパスであり、その機能が楽天ビジネスカードにもあるわけです。

気になってしまうのが年会費でしょう。楽天ビジネスカードの年会費は低めの設定となっています。わずか2,000円となっているので、安心して継続利用が出来るはずですよ。