アーカイブ

法人カードのポイントシステム

法人カードといえどもクレジットカードですのでポイントが貯まるものがあります。個人で利用しているだけでもポイントが貯まれば年間で数万円の差になることがあるのですが、法人カードのように大きな金額を決済しているとさらに大きな差が生まれる訳ですね。個人向けのクレジットカードであればポイントシステムが用意されていないもののほうが少ないような印象を受けますが、法人カードとなるとそうではありません。ポイントを貯めるためにはクレジットカードを選ぶことが大切です。

さて、法人カードのポイントですが基本的には0.5%となっています。これより低いものもありますので利用金額などに応じてそこは比較する必要があります。大切なことは法人カードでは個人向けのクレジットカードのように1%の還元といった大きな還元があるという訳ではないということです。還元率自体は低くなってしまいますが、決済金額が大きくなることで大きなポイントを得ることが出来るというのが基本的な考え方です。

総合的に無難な法人カードを選ぶのであればJCB法人カード(一般カード)をおすすめしています。安心のプロパーカードで法人カードが発行されていますしポイントの還元率も0.5%と悪いものではありません。JCBはポイントの交換先として様々なものを用意していますので、会社のためにポイントを利用する際にも有効に活用できる可能性が高まるように作られています。
ただ、JCB法人カードのデメリットがひとつだけありそれは審査が厳しいということです。プロパーカードとして発行されている法人カードの中では個人的な感覚ですが一番厳しいように感じます。設立3年未満の法人はなかなか審査に通らないようですしプロパーカードらしい独自の厳しさがあります。
会社設立すぐであったり個人事業主であってもポイントを賢く貯めたいのであればオリコ EX Gold for Biz Mかセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードあたりを利用しておくのが良いでしょう。どちらもポイントはしっかりと還元されますし個人事業主でも審査に通過できるような柔軟な審査をしてくれています。

逆にポイントが貯まらない法人カードの例としてライフカード(法人用)があります。こちらは年会費の必要ない数少ない法人カードなのですがその代わりポイントが貯まりません。会社設立初期などの決済も少なく経費も抑えたいときはポイントがたまらなくとも年会費無料の法人カードを利用することを考えてもいいでしょう。

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の入会キャンペーン

おすすめされている法人カードの一つにEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)があります。年会費が低いので気軽に利用できる、ということで多くの方に選ばれているワケです。そんな法人カードのEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)ですが、一つの大きな魅力として事前にチェックしておきたいものがあります。それは入会キャンペーンです。非常に有利な入会キャンペーンを実施しており、多くの方がその恩恵を受けているんですよ。
では実際にどんな入会キャンペーンを実施しているのでしょうか。

・EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の入会キャンペーンの内容とは?

入会キャンペーンとして注目してほしいのがまずは初年度年会費です。EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)は法人カードですし、ゴールドカードでもあるので年会費はかかってきます。しかし、初年度はかからない、といったシステムになっているのです。まずはお試しで利用して、もしも良ければ2年目以降も継続して年会費を支払う、といった設定になっています。

ポイント系の入会キャンペーンにも注目しましょう。ポイント系の入会キャンペーンですが、入会して様々な条件をクリアすると、最大で6,500円分のポイントがプレゼントしてもらえるのです。たくさんのポイントが一気に獲得できるチャンスがEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)にはあります。

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の国際ブランド

法人カードを選ぶ時に見逃し勝ちになってしまうのが国際ブランドです。国際ブランドはいくつもあるのですが、どれでも良いわけではありません。クレジットカードの使い勝手というものを考えると、国際ブランドは非常に重要になってくるわけです。

今回はおすすめ法人カードであるEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の国際ブランドについて徹底的に調べてみました。一体どのような国際ブランドが用意されているのでしょうか。使い勝手の良い国際ブランドは選べるのでしょうか。

・EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の国際ブランドとは?

国際ブランドの選択性はありません。非常に残念に思ってしまう方もいるかもしれませんが、そんなに悲しむことはありません。EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の国際ブランドですが、VISAなのです。

VISAといえば、世界的に使い勝手の良い国際ブランドとして知られています。加盟店の数もものすごく多く、日本はもちろんアメリカやオセアニア、そしてアジアやヨーロッパでも有効活用できます。VISAカードを持っていれば海外旅行も安心していってこらえる、と話題になっているわけです。
法人カードということですが、海外利用を想定しているケースもあるでしょう。海外出張をする機会が多い、という方も多いのではありませんか。そういった方には積極的にEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)をおすすめします。

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)はゴールドカードなのに年会費が低い!

おすすめ法人カードとして話題になっているクレジットカードがあります。それは、EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)です。知っている方も多いのではありませんか?ゴールドカードタイプの法人カードとなっており、使い勝手が非常に良い状態になっているのです。実際に利用したいと思っていた方もかなり多いのではありませんか。

このサイトでは、EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の情報を沢山チェックしていきます。把握しておくべき情報が多数あるので、参考にしてもらえたら幸いです。

・EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の入会キャンペーンの詳しい内容とは?

初年度年会費はかかりません!
ゴールドカードの場合は、初年度年会費がかかるクレジットカードも多いのですがEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)では初年度年会費がかからない設定となっているわけです。安心して利用できる、といった特徴を持っています。

さらに2年目以降の年会費にも注目しましょう。流石にゴールドカードなので、2年目以降の年会費がかからないということはありません。しかし、かかる金額が非常に抑えられているのです。なんと2,000円となっているんですよ。法人カードで、しかもゴールドカードで年会費が2,000円というものが驚きを持って多くの方に捉えられています。

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の追加カードの年会費とは?

法人カードですが、何も本会員カードだけしか発行しないわけではありません。何人か社員がいる場合には、追加カードというものも発行していかなければならないわけです。しかし、追加カードを発行していくことを考えると発行手数料や年会費だけに注目してはいられません。やはり追加カードに関しては、年会費が優遇されるようなシステムになっていないと嫌なのではありませんか。

もちろんEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の本会員カードの年会費もそれほど高いわけではありません。2年目以降の年会費は2,000円となっているのです。負担をかけないクレジットカードですが、やはり社員が多いとなるとその年会費も負担になるでしょう。

・EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の追加カードの年会費はどのくらい発生するのか?

追加カードの年会費はかかりません。初年度年会費はもちろんですが、2年目以降に関しても追加カード年会費は発生しないシステムになっているのです。そこでチェックしていきたいのが、追加カードは何枚発行できるのか、というところです。

実はEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の追加カードは3枚しか発行できない、といった特徴を持っています。多くの社員を抱えている方にとってはあまり利用できないカードである、ということは覚えておきましょう。

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の限度額を調べてみた

法人カードは思った以上に利用するものでもあります。経営に必要な支払いなどに利用していくことになるわけです。カードの種類によっては高額な利用が難しいこともあるかもしれませんが、年間で数百万円を利用する、ということも十分に考えられるわけです。

高額利用を考えている方が注目しなければならないのが限度額です。限度額設定が低くなっていると、せっかくの法人カードも有効活用できない、といった状態になってしまいます。では、EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の限度額はどの程度に設定されているのでしょうか。高額に設定されているのでしょうか。それとも少額に設定されているのでしょうか。確かめてみましょう。

・EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)の限度額はどのくらい?

ショッピング限度額ですが、最低は10万円です。最高は300万円となっています。
最高300万円という部分はさすがゴールドカードと言えるでしょう。もちろん審査によって限度額設定は決まってくるわけですが、場合によっては高額の限度額設定がしてもらえるかもしれないわけです。

高額の限度額設定をしてもらいたい場合には、属性情報なども重要になってきます。個人信用情報なども審査には大いに関わってくるので注意してくださいね。過去に滞納した経験があったりすると、高額の限度額設定は難しいかもしれません。

EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)のポイント還元率をしらべてみた

クレジトカードを利用するにあたり非常に重要になってくるのがポイント還元率です。やはりどれだけ使ったお金が戻ってくるのか、という部分は気になってしまいますよね。そこでチェックすべきなのがポイント還元率です。ポイント還元率が高いカードを利用するのか、それとも低いカードを利用するのか、という部分でカードの利用のし甲斐というものも変わってきます。

こちらではおすすめ法人カードの一つであるEX Gold for Biz M(ID×QUICPay)のポイント還元率について解説します。一体どの程度に設定されているのでしょうか。

・EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)のポイント還元率はどのくらいなのか?

0.6%が基準となっています。0.6%のポイント還元率は低おいと思われることも多いわけですが、それほど不利とはいえません。
年間で100万円を利用したら、6,000円分のポイントが貰えるわけです。
200万円利用なら12,000円分おポイント獲得となりますし、300万円の利用であれば18,000円分のポイントが獲得可能です。

ポイント還元率は標準的ではありますが、EX Gold for Biz M(ID×QUICPay)は限度額が高くなることもあります。高額利用もできるのです。ためたポイントが大きな金額になることもあり、そういった場合には社員に還元する、といったことも考えるべきですよ。