アーカイブ

少人数の法人向けクレジットカード

法人向けに発行されているクレジットカードにも違いがあり、中でも気をつけておきたいのは何人程度の利用者を想定しているのかということです。利用者が少ないのであればそれに沿った法人向けクレジットカードを利用しないと年会費などの維持費が高額になる場合があります。法人向けクレジットカードの中には追加カードの発行手数料が無料であったり、年会費が無料に設定されているものもありますので数人の利用者であるならばこういったのもをおすすめしています。

■P-one Bisiness MasterCard
会社全体で法人向けクレジットカードの年会費を抑えたいのであればこちらのクレジットカードをおすすめしています。なんと代表者が毎年法人向けクレジットカードを利用していれば、従業員用の追加カードは5枚まで年会費無料で所有することが可能です。代表者カードも含めると6枚まで無料で利用できるわけです。
法人向けクレジットカードは従業員全員が持つこともありますが、少人数の法人であれば利用者が率先して所有しておけば問題ないことも多いはずです。特に追加発行が5枚まで可能なこちらの法人向けクレジットカードを利用していてばある程度はカバー出来るのではないでしょうか。

■EX Gold for Biz M iD×QUICPay
何かと付帯サービスが多いことで人気のこちらのクレジットカードですが、法人向けにおいてもその性能はいかんなく発揮してくれています。
まず年会費の設定は初年度が無料で翌年度から2000円+税とほぼ相場の価格設定となっています。これに加えて注目したのは追加カードが3枚まで無料で発行できるとういことです。代表者と幹部や調達などを担当する方など利用者を限れば少人数の会社において3枚あればどうにかなることも多いでしょう。買い物も保険なども付帯されていますので、会社としてものを調達する時にも安心して利用できます。

■ライフカードビジネス
年会費完全無料の法人カードがこちらです。代表者が利用するカードが条件無しで年会費無料になるケースは非常に少ないのですがライフカードビジネスはその一つとなっています。
従業員用カードに関してはなんと年会費無料で発行枚数も無制限となっています。利用者が多くなるとどうしても管理が大変となるのですが、もし少人数の法人で従業員全員に法人向けクレジットカードを持たせておきたいと考えるのであればライフカードビジネスがおすすめです。

人気が高いダイナースクラブ ビジネスカード

最後に人気の高い法人系クレジットカードとして紹介するのはダイナースクラブ ビジネスカードです。あのダイナースクラブの法人カードとして、どんなサービス内容になっているのか気になる、という方も多いのではありませんか。審査が厳しそうなカードではありますが、どのような特徴を持っているクレジトカードなのか、その内実を探っていきましょう。

・ダイナースクラブ ビジネスカードの特徴を徹底的に調べてみた

ダイナースクラブ ビジネスカードですが、やはり年会費に注目しなければなりません。年会費ですが、27,000円の設定となっているのです。年会費に関してはしっかりとかかってきますが、それがダイナースの特徴といったことも言えるでしょう。

そもそもダイナースはステータス性のあるブランドです。誰でも持てるクレジットカードではないわけです。ダイナースクラブ ビジネスカードを持っている事自体が信用にもつながってきます。

ダイナースクラブ ビジネスカードですが、利用限度額にも注目しましょう。実は一律の制限がありません。個別に限度額が設定されていくことになるのです。ですから、高額の利用限度額が設定してもらえるチャンスもある、と言うわけです。

ちなみにETCカードの発行も可能です。ETCカードの年会費は発生しません。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの素晴らしいメリット

おすすめの法人系クレジトカードはまだまだあります。だからこそ、少しでも良いカードを見つけ出して利用しなければなりません。そもそも、法人カードはビジネスのために利用するものです。ビジネスにも直結してしまうおそれもあるので、オススメカードをしっかりと選択していきましょう。

今回はおすすめの法人系クレジットカードである「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」についてお話します。どのような特徴を持っているクレジットカードなのでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは審査が厳しいように見えて非常に門戸が広いことでも知られています。実は、法人設立1年未満であったとしても作成できた、という声が多くなっているのです。審査が行われて、その上でカードが発行されるかが決まるので必ずしも1年未満で審査が突破できるとはいえませんが、それほど審査が厳しくないのでは、といったことも思えてしまうわけです。

もちろんアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードはアメックスの良い部分もしっかりと引き継いでいます。旅行系のサービスもしっかりとあるのです。たとえば、空港ラウンジサービスや海外旅行傷害保険もしっかりとついています。海外で素晴らしいサービスを受けられる、といった嬉しい特徴にも目を向けましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードがおすすめな理由

アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードは、他の法人カードと比較して超絶素晴らしい特徴があります。それは、利用限度額を越えて利用できる点です。普通の法人カードであれば、利用限度額を超えて利用できません。なので、利用限度額が低い法人カードだと、少額の利用しか出来ず、せっかく法人カードに入会したのにすぐに使えなくなって、結局現金払いになってしまう、ということもあると思います。

限度額を上げるには、通常カード会社に上げてくださいとお願いするしかないのですが、これがそう簡単に上げてくれるものではありません。上げたければ、きちんとしたサイクルでカードを利用して、カード会社に信用してもらわないといけないのです。

しかし、アメリカン・エキスプレスならば、誰でも簡単に利用限度額を超えられます。そのためには、事前入金と事前承認制度を利用します。

まず事前入金とは、カードを使う前に指定の口座にお金を振り込んでおくことです。これにより、残高の分まで限度額を超えて利用できます。つまり、銀行口座に1000万円預けてあれば、1000万円までカードで決済できてしまうわけです。もちろんポイントも通常通り貯まるので、先払いになってしまう、というデメリット以外は全くありません。どちらかと言うとデビットカードに近い状態になるわけですね。

続いて事前承認とは、決済前に承認をもらうことで、限度額を超えて利用できるようになるサービスです。ただし、これはそう簡単に承認してくれるものでもありません。もしも購入したいものがそこまで重要でもないものであれば、断られてしまい、前述の事前入金制度の利用を促されます。観光相殺など、もっと大切なシーンでした利用できないものなので、基本的には事前入金を利用して限度額を超えるように使えます。

この2つの制度は、どちらもアメックスならではの制度であり、他社で利用できません高額な限度額を求めて、信用を積み上げて上げてもらうよりも、アメックスの方がてっとり早いのでおすすめです。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは法人カードの最高峰

せっかく法人系クレジットカードを持つのであれば、少しでもレベルの高いものが良いのではありませんか。そこで注目したいのがセゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはです。アメックスカードであり、しかもプラチナカードなのです。法人カードの最高峰と言っても良いかもしれません。

ではセゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードにはどういった特徴があるのでしょうか。その内実に迫ります。

まずはプラチナ系法人カードであるにも関わらず年会費がそれほど高額ではありません。セゾンカードなので、かなり低く抑えられているわけです。年会費は20,000円+消費税の設定となっています。さらに年間で200万円以上の利用があれば、翌年の年会費は半額の10,000円+消費税となるわけです。

プライオリティパスにも注目しましょう。セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードはプライオリティパスにも無料登録できます。全世界の様々な空港のラウンジが利用できるわけです。
旅行保険の内容も侮れません。最高1億円の海外旅行保険が付帯しているわけです。年会費が10,000円から20,000円でそれだけのサービスがついているのは驚きでしょう。

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードについてはもう少し紹介したいと思います。このカード素晴らしいので、是非ご検討ください。

まず素晴らしいのは、審査に関してです。このカードはそもそも法人カードというよりも、法人でも入会できる個人向けクレジットカードという感じです。つまり、個人名義で入会して、引き落とし口座は個人口座でも法人口座でも選択できるわけです。ということは、審査も個人名義で行われるわけです。もしも会社を設立したばかりで、他の法人カードの審査に落ちてしまったとしても、このカードなら個人の信用情報に問題がなければ審査に通れるのです。というわけでプラチナカードではあるものの、開業直後の方でも審査に通ることが可能です。

そしてプラチナカードだけあって特典が豊富なのは言うまでもないですね。先述の通り、プライオリティパスや各種旅行保険、コンシェルジュデスクが使えるため、非常に価値の高いクレジットカードとなっています。それでいて年会費は2万円。しかも年間100万円くらいのカード利用があれば、翌年度は半額で1万円で済みます。他社のゴールドカード程度の年会費で維持できるので、コスト的にも助かります。

更にこのカードの強みは、ポイント関連ですね。通常、1,000円のカード利用で1ポイントの永久不滅ポイントが貯まります。これは有効期限のなないポイントなので、ずっと貯めていることができます。焦って使わなくて良いので精神的にもありがたいですね。ポイント還元率は0.5%とそこまでなんですが、まだまだすごい特徴があります。

このカードの利用で永久不滅ポイントだけでなく、JALマイルを貯めることができます。これは今カードの会員なら誰でも無料で登録できるサービスで、カード利用の度にJALマイルと永久不滅ポイントが同時に貯まります。このサービスに登録しておけば、なんとJALカードで買い物したときよりも高いレートでJALマイルが貯まります。経費の支払いでJALマイルが貯まるのは嬉しいですよね。貯まるマイルの上限は一応ありますが、それでもJALカードよりもマイルが貯まるなら、JALマイラーであれば入会しない手はないでしょう。